【テーブル茶道とファッションと私】

ファッションをかけたテーブルスタイル茶道の
コーデレシピと合わせて、ちょっぴり業界の裏側の
お話も交えながら、「テーブル茶道とファッションと私」
(このフレーズ懐かしいって思った人は同世代😉)に
ついて配信しようと思います。

今日はプロローグ

50歳を前にしてライフワークについて
真剣に考えるようになっていました。
折しも働き方改革で副業もOKになった
ことも後押しに。

私は茶道と並行して30年近く大手アパレルで
お仕事をしています。

いわゆるバブル世代、学生時代から
本物に触れなさいとブランドものを全身に
纏い、ハイクラスな衣食住に加え、華やかで
あらゆる上質なものが身近にある生活でした。
この時期に業界のトップの方々とお仕事させて
いただいたことが今でも財産になっています。

その頃の仕事は、華やかな反面
イベント、展示会、パリコレ、ショー、出張、
レセプションにと毎日終電逃してタクシーで帰宅と
いうのが日常でした。今思うと何をやっても楽しくて
しょうがない時代でしたね。

そんな忙しい中、かかさず通っていたのが
週に1回のお茶のお稽古。

「無心でお茶を点てる」

その瞬間心がすーっと整い、
一服いただいた後のホッとした空気がとても
心地よく、居心地の良い空間に実は癒されて
いたと思います。

コロナ禍の今、今までの価値観がリセットされ、
新しい価値観に変わっていくと言われています。
マインドフルネス、瞑想というワードをよく聞く
ようになりましたね。
色々な方法で精神を整える方法はありますが、

「シンプルに「お茶点てるだけ」で、自然と五感が
研ぎ澄まされ心が整います。」

そして、変わらない価値観として、
永遠の女子たちは、やっぱり装い整えたり、
家の中を充実させたりすることで気分が上がります。

それは、着飾るということではなく、
自分が気持ちの良いスタイルでいるという
ことかもしれません。
一服のお茶が心を整えてくれたあの時代と何ら
変わりはないのです。

テーブルスタイル茶道は、茶室がない、
お道具もないでも自分らしくお茶を楽しみたい
というところから始まった新しい価値観。
茶道の基本や古の教えは継承していきながら、
次世代へ受け継がれていく新しいスタイル。
まして茶道をzoomで教えるなんて発想は
一般的ではなかった事です。

先日お会いした会社の先輩で今や、
人気ファッションブロガー兼プロデューサーの先輩が
「58歳の今が一番忙しくて充実している」という言葉に
私も自分が望んだらいつからでも輝ける女性たちの
お手伝いをしたいと考えています。



茶道✖️和モダン 上級者向けプロフェッショナルレッスン

30年の茶道歴とファッション歴を通じて

テーブルスタイル茶道上級テクニックを教えます


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA